検品が済んだら、次は組み立て

初めての方でもおよそ1時間半ほどで組み立て完了です!

骨組みの組み立て

ゴム製の足4つをベース板に固定します。

使用するネジ: 中ネジ 4本

ワッシャーはすでにゴム足に挿入されています。
ネジはゴム足の方から挿入し、ベース板へ向け十分に力をいれてゴム足を貫通するようにしてください。

Z軸を固定します。

使用するネジ: 長ネジ 6本

黄色の軸2本(モーター上部にへこみのある方が右です)をモーター部分が下に、さらに軸の平らな面が裏に来るように配置します。

長ネジをベース板の後ろから挿入し、Z軸を固定します。

ベース板の穴に沿って、Y軸を固定します。

使用するネジ: 大ネジ6本

Y軸のモーター部分奥に、さらに軸の平らな面がベース板に接するように配置します。

ネジは上から挿入します。

Y軸には全部で9対の穴が開いていますが、

ネジの挿入位置は
手前から、1番目(一番前)、5番目、9番目(一番後ろ)となります。

Z軸のスライド部分を一番まで上昇させます。

両手の親指で外側に向けカプラー部分(画像右上参照)を回転させることで、スライダー部分が徐々に上昇します。

画像下の状態になったらOKです。

X軸(緑のコネクター)を固定します。

使用するネジ: 大ネジ 8本

前のステップで一番上まで上昇させたスライダー部分に固定します。

モーター部分が左側に、さらに軸の平らな面がZ軸のスライダー部分に接するように設置し、ネジを表から挿入します。

こちらも9対のネジ穴がありますが、挿入するのは
左から1と2番目、8と9番目です。

ネジ止めのコツとして、一本一本のネジを目いっぱい締めるのではなく、全部のネジを均等に少しずつ締めていくように固定してください。

使用するネジ: 平ネジ小 4本

エクストルーダーを載せる準備をします。

エクストルーダー用 固定板を、X軸のスライダー部分に固定します。

ネジは表から挿入し、固定板は取っ手部分が下方かつ手前に出ているように設置してください。

エクストルーダーを載せます。

使用するネジ: 丸ネジ 2本

エクストルーダーを手に取り、ネジ穴のある方を上に(エアーファンが左側に来ます)し丸ネジで固定板に装着します。

この時、前のステップで取り付けた固定板の下方突起部分にエクストルーダーの下方部分がはめ込まれるように固定してください(画像左上参照)。

基盤部分をZ軸に取り付けます。

TRINUSと記載されている方が正面になります。

使用するネジ: 大ネジ 4本

左右のZ軸にも同じようにネジ穴が9対あります。

緑のX軸を下方へスライドさせ、Z軸の上部が見える状態にします。

それぞれのZ軸について、上から内側の1と2番目に大ネジを表から挿入します。

プリントボードをY軸に固定します。

使用するネジ: 小ネジ 3本

手前に2本、奥に1本ネジを挿入するよう、プリントボードの向きを確かめてください(画像参照)。

モーター用ブラケットを装着します。

左右のZ軸の裏側にブラケットをつけますが、この時モーターから出ている黄色のケーブルがブラケットのケーブル穴を通るようにしてください(ブラケットのケーブル穴が左右内側になるように配置します)。

骨組みの完成です!!

画像参照:

1.Z軸 右
2.基盤
3.Z軸 左
4.X軸
5.エクストルーダー
6・プリントボード
7.Y軸

何か足りませんか?

info@dddjapan.comへご連絡ください。

・トライナスのご注文番号
・お名前
・足りないアイテム

を明記いただきますようお願いいたします。

©2017 株式会社3D Printing Corporation 

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account