造形までの道のり

なぜかまだ日本語訳が反映されていないのですが、使い方は簡単です。

3Dデータ(.stl)を座標データ(.pcode)に変換し造形

Pango(パンゴ)というスライシングソフトウェアです。

ソフトウェアを開いたら、まずは造形したい3Dデータを読み込んでみましょう。

左上のツールバーより、Model→ Load 

データを選択すると仮想プリントボードにモデルが乗っかります。

3Dデータは .stl もしくは .obj という拡張子を使用してください。

左クリックを押しながらドラッグで仮想プリントボードの位置を変え見る

右クリックを押しながらドラッグで角度を変えて見る

ことができます。

モデルを動かす

モデルをクリックして選択された状態にし、右側ツールバーの 十字型 のツールを選択するとモデルを自由に移動することができます。

回転する

モデルをクリックして選択された状態にし、右側ツールバーより 十字マークの下 のツールを選択するとモデルを各軸に回転することができます。

大きさを変える

モデルをクリックして選択された状態にし、右側ツールバーより 小さい四角に大きな四角が入っているような絵 のツールを選択するとモデルを拡大・縮小することができます。

Ratio 1.0が100%で、Amount の数値はmmが単位です。

一番したのギアマークで、造形の設定ができます。

Quality →Thickness (レイヤーの厚み) 最初は 0.2mmがおすすめです。

Print Speed (造形速度)こちらも初めは触らないのが無難です。

続いて

Attachment → Bottom(底面の造形) とりあえずは Ratf がおすすめです。

Enable Support (サポートの有無) とりあえず チェックを入れてオンにしてください。

右側のバー 上から2番め でモデルを保存

Pcodeとして保存

Autoprint.pcode

としてSDカードに保存すると、スプールホルダーと同じようにSDカードを挿入するだけで造形が開始します。

SDカード内には1つしか「autoptint.pcode」を保存できません(同一の名前になってしまうからです)。

スプールホルダーの.pcodeが入っているので、まずはこのデータをSDカードからPCに移すか削除します。

そして先ほどPangoから新たに保存したデータを「autoptint.pcode」と名づけて保存します。

あとはSDを取り出し、トライナスに挿入するだけです。

何か足りませんか?

info@dddjapan.comへご連絡ください。

・トライナスのご注文番号
・お名前
・足りないアイテム

を明記いただきますようお願いいたします。

©2017 株式会社3D Printing Corporation 

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account